忍者ブログ
[PR]
2017 / 10 / 24 ( Tue )
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

20:24:08 | | page top↑
ねむねむ
2008 / 04 / 19 ( Sat )
なんか神器クエが来ました
寝てたら四次終わってましたorz

とりあえずケミで二次やって経験値うめぇしただけで終了気味

↓最近の行動とか。
続きを読む 
 
ダンサー6割、他4割くらいか
全体比率だとソロPT半々くらいだろうけど
職別に分けるときっぱり分かれそうな気もする


教授

誘われたときだけ狩りしてる感じで気付いたら@100M切ってた
まぁそのうち光るんじゃね?
三次職狙うとしたらまずこれだろうし、装備再検討しとかないと。
名無しPTで前衛兼任してた勢いでベアドール盾作成
悩んだ挙句に+8ガードに挿し
他前衛がクエストクリアしてそっちが多いため
盾は殆ど貸し出し用になりつつ
自分で使ってる状態が少ない・・・
そして重くてイマイチ使いにくかった+8火ミンクから+7火フォマルに乗り換え
しかし結局自分はミンクを着て他人にフォマルを貸し出してる現実
なんか新装備作っても貸してばかりだな、としみじみ。


ダンサー

調印ソロ飽きて放浪中
ジオ園、右下半固定、全域巡回ともに微妙
2確できれば美味しそうだが手持ち武器では微妙
装備崩して暗雲クリップ2個着けで憂鬱な箱狙うには良いかもしれなかった
大体30分で3~6個産出くらいだったかなぁ
他ドロップは30分トータルで鬱箱1個分程度だったので拾うのを止めた。
エドガーマップ
狐とトンボ、SPあるだけDSないとき通常の基本的に歩きで1.5m/h前後
2PCでポタ出し、宿利用で全DS狩りで1.8m/h前後、独占時2,2m/h
ドロップも4~5個/h程度の青箱、枝、ローヤルでうめぇってことで入り浸り
稀に虎に遭遇、ADSで美味しく頂く
特にドロップ美味いわけでもないが、エル1個で一応黒字な自作瓶。
ケミともども転生後のステとか考えつつだらだら狩り。
たまにプリ誘って聖域3Fペア、名無し地上or1Fペアorトリオ狩り
今ブレス込みINT66のSP1100台だっけか
聖域はSP余裕、名無しでペアだとDSだけでも少々しんどい
琴みたいな超低INTと組むとペアでも踊らないときついらしく、色々悲惨だったが。
ただトリオカルテットくらいでS4UしつつDSくらいが安定度、時給共に最高値で
やっぱり本質は支援職なんだなぁとかしみじみ思う
S4U10、練習10、INT66、SP消費減少61.6%
スキル消費、DSが5、Sbr10および#が12、TrS10およびヒール10が16、だそうだ・・・。


ケミ

たまにオーディン神殿で吸わせてもらってます
といっても2PC放置で本体ハイプリのほうだけど。
合う盾はハイプリのほうで持っていっちゃうんで、ほぼ盾無しで放置って怖い状態
闇着ないとスコグルプルス闇攻撃で即死、着てるとよーかん属性orHX即死
あれか毒鎧でも作ればいいのかとか思ったが多分よーかん即死は変わらない
ちょっとだけ転生見えてきたのでステ構築とか始めてる
どうせなら現仕様での最大製薬ステにしたいが達成レベルがなぁ
STRも振りたいし、かといって振りすぎは三次職できたときに足引っ張るし
一応ADSそこそこ威力出るタイプにしとけば後が楽そうだが・・・
まぁ、どうせJobあげんといかんから高レベル完成は別にいいか。


ハイプリ

おでん支援に名無し支援に絶賛呼び出し活躍中
PT組んで他プリの行動観察
→切らす支援あったらそれもやる
→気が付いたらほぼ全部やってることがある
→SP終了のお知らせ
流石に10人単位のアスムを切らす前に早め更新してるとSPいくらあっても足りない
そんな状況だと大抵10分に1回くらいは誰かしらアスム切らすという悪循環
普通のアコセット借りてみたが焼け石に水だった
INT増強+ウルアコセットあたり欲しいかも。重量がorz
素プリ混じりのときはブレ速任せ気味、反応鈍いとやってしまう
最近はLD闇ブレス等の妨害系、グロIM等の微妙な支援?等を考え中
素プリですらグロ無い人が増えてる現状、グロ1でも使う場面ちらほら
温もり狩りだと割と馬鹿にできない威力増加
グロ+IM3で1割ダメ増えるくらい
素プリでIM5もってようが殲滅1人だろうがIM使う人って稀。
自分も良く忘れるけどorz


実はいろいろと情報纏めとかしてるときあるんだけど
完成しなかったり微妙だったりとかで公開に踏み切ってないのが幾つか。
自分自身へのデータの蓄積にはなるから無意味ではないけど。
PR
23:59:59 | RO | コメント(0) | page top↑
<<4/20-GvG | ホーム | 4/13-GvG>>
コメント
コメントの投稿













トラックバック
トラックバックURL

前ページ| ホーム |次ページ